色で彩るインテリア基本ガイド:理想の部屋作りのための配色ルール

こんにちは!もりぷーです!!

インテリアをお洒落に決めるのに色へのこだわりは必要不可欠なものとなっています。

例えば、同じお部屋でクッションの色を変えるだけでお部屋のイメージを大きく変えることも出来てしまいます。

配色の割合、色の組み合わせの基本ルールを知るだけでプロ並みのインテリアが簡単に出来上がります。

今回は、この基本ルールと色の持つ特性を解説します。

カラーの配色で基本となる黄金比率

カラーの配色で基本となる黄金比率は70:25:5と言われています

 ベースカラー70% アソートカラー20% アクセントカラー5%

ベースカラー 「基調色」

 アイテムの種類:床、壁、天井の内装色

 対応年数:長 、変更費用:高

 毎日見ても飽きの来ないベーシックな色。

 ホワイトやアイボリーのケースが多い

アソートカラー 「従属色」

 アイテムの種類:建具、家具全般、カーテン、ラグマット等

 対応年数:中 、変更費用:中

 インテリアの主役になる色。

 家具や建具の色(濃い・薄い)の選択によって、部屋の印象が大きく変化する

アクセントカラー 「強調色」

 アイテムの種類:クッション、ソファカバー、壁面装飾、オブジェ等

 対応年数:短 、変更費用:安

 部屋のテーマになる色。

 好みの色を取り入れて雰囲気を変えたり、部分的にチェンジ可能

アクセントカラーの基本的な組み合わせパターン

同系色を使ったカラーの組み合わせ

同系色の組み合わせは誰でもまとめやすくオーソドックスな雰囲気です


カラーコード・グリーン

反対色を使ったカラーの組み合わせ(色相環で向かい合っている色が反対色)

お互いの色が相手を引き立てる配色ですが2色とも鮮やかだと、刺激的過ぎる場合があるため、彩度や明度を下げることで落ち着いた組み合わせもできます。


カラーコード
カラーコード

色相環

色相環

類似色を使ったカラーの組み合わせ

色の性格が似ているため、色同士がぶつかりあう心配もありません。


同一トーンを使ったカラーの組み合わせ

純色のビビッドなトーンは色相が違ってもトーンが同じであればまとめやすくなります。


カラーコード

無彩色と有彩色を使ったカラーの組み合わせ

色味の無い無彩色のみでインテリアをまとめると、部屋の印象が一見寂しくなりがちですが無彩色はどんな色とも相性が良いため、有彩色のアクセントカラーを入れやすい色とも言えます。

色の持つイメージとインテリアで使える心理作用

赤:情熱、温かみ、派手、活動的

気分を高揚させて活発にする作用や空間に使うと温もりを感じる効果も。やる気が出て  時間経過が早く感じる。

赤

黄:楽しい、陽気、元気、希望

判断力や記憶力を高める効果有り。窓が無く日差しの入らない部屋に使うと明るいイメージを演出可能。

黄

緑:自然、新鮮、平和、安息

リラックス効果で、癒しのイメージ。緊張緩和や目の疲れにも効果的。寝室など落ち着かせたい場所に向く。

緑

青:涼しげ、冷静、落ち着き、知性

涼しさを感じ、夏は清涼感UP。鎮静作用や睡眠促進から寝室や、集中力を高める効果を狙って書斎にも。

青

紫:高貴、神秘、華麗、上品

昔から高貴な色とされ、高級なイメージを演出。感性を研ぎ澄まして、インスピレーションを高めてくれる

紫

茶:安心、堅実、温もり、大地

建具や家具に使われることの多い自然な色。空間に同化・調和しやすく、気持ちに安定を与えてくれる。

茶

黒:高級、威厳、厳粛、暗闇

モダンで高級、シンプルなイメージに最適。有彩色を最も引き立ててくれる。色味が無いため刺激が少ない。

黒

白:清潔、純粋、潔白、神聖

他のどんな色とも相性が良く、天井・壁の色に用いられることが多い。空間を広く見せる効果有り。

白

まとめ

  • 黄金比率は70:25:5を基本とする
  • アクセントカラーの色の組み合わせ
  • 色のもつ心理作用

インテリアにおいて色は、奥の深いものになりすが基本ルールを知ってしまえば間違えることなく簡単で、しかもお金を掛けずにインテリアを楽しむことが出来ます。

クッションカバーからはじめられる素敵なインテリアを気軽にお楽しみください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事