睡眠を革新する: 今すぐ試すべきおすすめ快眠マットレス

皆さんこんにちは!もりぷーです!!

私たちは人生の3分の1を寝て過ごします。

つまり、人生の3分の1をベッドマットレスの上で過ごすわけです。

となると、良質なベッドマットレスを使用したいと思うはずですが、なかなかどのベッドマットレスが良いのか判断がつかないと思います。

今回の記事(動画)では、そんなお悩みを解決するためにベッドマットレスの基本的な構造と理想的なマットレスについてお伝えします。

詳しくはYou Tube動画でお伝えしていますが、このブログではトピックを掲載しているので併せてチェックしてみてくださいね!

一般的なマットレスの構造

マットレスはとても種類が多いですが、日本ではバネを使ったコイルマットレス(スプリングマットレス)が主流です。

ですが、大きく分けるとコイルマットレス(スプリングマットレス)とノンコイルマットレスの2種類に分けられます。

これらの構造を簡単に説明すると以下のようになります。

コイルマットレス(スプリングマットレス)

コイルマットレス(スプリングマットレス)とは、中心部分の素材がコイル(バネ)となっていて、その上下をクッション層やキルト層で挟む構造になっています。

ノンコイルマットレス

一方でノンコイルマットレスは、コイル(バネ)を使わず、すべてがウレタン素材です。

硬さの違うウレタン層で構成されているのも特徴で、薄い一層のウレタンマットレスは、良質なウレタンマットレスとは言えません。

ノンコイルマットレスは複数種類ありますが、この記事では『ウレタンマットレス』の事を言います。(ほかのノンコイルマットレスを知りたい方はこちら

スプリングマットレスに変わる革新的なマットレスについて

日本とアメリカでは、コイルマットレス(スプリングマットレス)が主流です。

そのため、「マットレス=コイル(スプリング)」という既成概念を作り出されました。

しかし、それが身体に良いのか?なぜコイル(スプリング)なのかと考えると、次のようなことが上げられます。

  • スプリングは工業製品として大量生産できる
  • アメリカの輸出先が日本である

こんな理由があるのですが、最近ではスプリングの研究も進み、以前に比べればととても素材は良くなりました。

しかし...

一般的なソファにはスプリングが使用されるのに、カッシーナなどの高級ソファなどにスプリングは使用されません。

つまりこれは、スプリングは最高級品としては向いていないことを意味します。

スプリングは反発力が強いため身体にダメージあると考えられています。また、スプリングは金属疲労などがあるように耐久性に問題あります。

たとえば、家具店でスプリングマットレスの使用方法を聞くと「定期的にローテーションしてください」と言われるはずです。つまり、これはスプリングの耐久性に問題がある証拠だと言えます。

快眠を得るためのマットレス:なぜ日本ではスプリングが主流なのか

コイルマットレス(スプリングマットレス)はアメリカで主流であるため、日本はアメリカの右へ倣えとなっているということが一つです。

これには経済的な問題や、政治的な問題があるようですが、とりあえず日本はアメリカありきの経済なのでそれが現状を生んでいるようです。

もう一つは、大手メーカーがスプリングを主流にしているからという理由があります。

コイルマットレス(スプリングマットレス)は何も完全に悪だとは言ってません。

むしろ、長年の歴史があるため売り手は販売しやすい、買い手も安心して買えるというメリットもあります。

しかし、前述したように身体への影響や耐久性を加味すると、本当に選ぶべきマットレスは考え直さなけらばなりません。

まとめ

さて、今回のまとめは以下のようになりますが、マットレスは体型によっても何を選ぶか人それぞれです。

この記事(動画)の他にもマットレスに関するものがありますので、トータルで判断してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事